日本最強?のオーベルジュ「アクアイグニス」(三重)に行ってきました

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 09:26

JUGEMテーマ:旅行

 

こんにちは、minaです。

台風24号、本当に深夜恐ろしいほどの轟音で眼が覚めました。

こわい〜っ(>_<)。 皆様のご自宅などは大丈夫だったでしょうか。。

 

昨日今日は久々の夏復活の暑さになっちゃいましたが、先週までのシトシト秋雨続きで

気分はすっかり秋モード。

 

そう、秋といえば、なんと言っても食欲の秋!!!  いやあ、もうシアワセ(^o^)。

今週、家で香ばしく焼いた秋刀魚も脂がガッツリのっていて美味しかったです。

 

 

こんな食欲の増す時期、夏に行ったばかりの美食の宿をご紹介します♥。

 

アクアイグニス袋.JPG

 

 

「アクアイグニス」ってご存じですか???

 

多分、東日本にお住まいの方には、あまり聞き慣れない名前だと思います。

関西在住の方でも、宿にこだわる方、よっぽどの温泉好きな方以外は、あまりご存じないかも・・・

 

場所は三重県の四日市市の「片岡温泉」という場所で四日市ICからは、車で約15分の距離。

 

ここから車で約1時間弱の場所に西日本最大級のアミューズメントパークナガシマスパーランド✨があるので、車で行かれる方には便利な場所です。

 

今回は京都で2泊した後に車で移動。主な目的はナガシマスパーランドの巨大プールと遊園地でスチールドラゴンに乗ろう!!(笑い)

 

長島スチールドラゴン.JPG

日本の遊園地界?が世界に誇る超有名ジェットコースター「スチールドラゴン」。

その威容に震えます(笑)

 

前回泊まったのは、敷地内にあるホテル花水木(関東でも時々CMやってマス)。

ここは大型のいわゆる旅館型ホテルですが、中々良いホテルで、お部屋食のお料理良し、お部屋もゆったり、施設もよく整っていると家族で泊まるには、本当にピッタリなのです♪

何よりねー、敷地内にmina的には日本最高峰だと思う「湯あみの島」♨という、超広大な日帰り入浴施設があって、入り放題!!

もう、ここに行くだけのためにナガシマ大好き♡

三井アウトレットパークの「ジャズドリーム長島」も、なかなかの店舗揃いで木更津や御殿場にもそれほど劣りませんしネ。

 

だけど、今回お盆のピークシーズンでもあったので、花水木は満室↓。

 

でもねー、いーんです。今回の目的のお宿は別にあったから(´艸`*)

それが前出のアクアイグニス(AQUAIGNIS)です。

 

この宿がopenしたのは2012年だから、もうかれこれ何年前かしら。6年前?

 

3人の超有名な鉄人シェフとパティシェさんが共同で作り上げた、

癒しと食がテーマの複合温泉リゾートです。

 

そのメンバーが、凄すぎるっ!!

日本食、東京恵比寿の「賛否両論」笠原将弘さん

イタリアンの天才シェフ、山形の「アル・ケッチャーノ」奥田雅行さん

そしてスイーツの巨匠、東京自由が丘の「モンサンクレール」辻口博啓さん

 

なんでしょう?、この綺羅星のような方々が作り上げたお宿って???

 

とはいえ、東京からはお世辞にもロケーションが良い場所とはいえないので、つい行くのが面倒いや億劫になってましたが、

ついに行くチャンスがめぐってきた!!!むふふ。

 

食べまくるのでございます~(≧◇≦)。

 

笠原さん監修の和食のお店が2軒、奥田さん監修のイタリアンも2軒。辻口さん監修のスイーツとパンのお店が2軒。

それがすべて平屋建て、広い敷地内にゆったりとモダンな建物で配されています。

 

アクアイグニス地図.JPG

 

シェフによる美味しいお土産やこだわりの雑貨が並ぶギフトショップ。

朝ヨガ、美味しいお酒やスイーツもいただける温泉カフェ。最近都心からエステティックサロンも出店しましたが、滞在中には「明後日オープンするんですよ~」と言われたミネラルミスト浴なるものも作ってました。畑まであるし。

 

ほんと、ドンドン進化中のお宿です。

 

そしてお宿の中枢たる温泉が、ただものではない!(笑)

このアクアイグニスは片岡温泉という、加水・加温・循環が一切ないというすばらしい100%かけ流しの温泉を備えているのです。

泉質はアルカリ性なのですが、ほのかに硫黄のぬめりと香りがあって、お湯の温度は内湯は少し熱めです。

 

アクアイグニス雑誌.JPG

CREAの雑誌に出ていた竹に囲まれた露天エリア。

 

しかもメチャメチャ、モダンでお洒落な造りの大浴場です。

大きな内湯の前は大きく抜けていてまるで額縁の絵のよう。美しい竹林が前に広がります。

その竹林に囲まれた露天部分には、露天湯のほかに足湯や根湯がありますが、佇まいはあくまでもシンプルでモダン。

 

ほんとセンスいいな~。

 

そう、ここは食の鉄人たちの宿というだけではなく、クリエーターの集団の方が宿造りに関わって

いらして、どこもかしこもセンス良く、「ホーッ」と思わずうなること多しです

 

アクアイグニス夜景.JPG

夜のライティングされた建物。スタイリッシュです。

 

 

そして宿泊棟。

 

アクアイグニス4.JPG

 

大浴場を過ぎて、細い廊下を辿っていくと・・・・

 

奥に細くて長い廊下が続きます。この両側が宿泊棟。ほのかな木の香りと足ざわりが気持ちよし。

 

アクアイグニス廊下.JPG

 

実はこの宿には、凝りに凝った「離れ」も4棟ほどあります。でもお高いのよ〜。

今回はこのアクアイグニスに2連泊でしたが、日中は2日ともここから約1時間弱ほどのナガシマスパーランドに入りびたりなので、広い離れは必要なし(笑)

しかもこの宿泊棟はビックリするほどの格安で、特に相場の高い関東から来た人間には驚愕ものの価格設定でした。

→価格についてはまた次回以降記述します。

 

 

今回の宿アクアイグニスを、素敵なお風呂や和室があっても「旅館」や「和リゾート」にカテゴライズしないのは、

mina的な私見ですが、圧倒的に魅力的な「食」があるから。単に料理自慢の和風リゾートではない気がする・・

 

だからオーベルジュという視点で考えてみました♥。

 

オーベルジュの発祥はもともとフランスから。

味に自慢の美食レストランでお客様がたっぷり召し上がった後、そのままゆっくり休めるように・・・という意図で簡易な宿泊施設を付属して作ったのが始まりです。

 

ですから、フランスを初めとしたヨーロッパ諸国にはルレ・エ・シャトーに加盟したりミシュランに掲載されているような素敵なレストランホテルがいっぱい♡。

特にフランスの田舎は、懐深いというかシャトーのような立派なものも多いですが、まるで農家に来たような魅力的な小さなところが多いのです。

 

日本にもこのフランス式のオーベルジュのような小さなホテル、素敵なところが色々できています。日本オーベルジュ協会というものもあるし。

ラネージュのラウンジ.JPG

冬は深い雪に包まれる白馬のラ・ネージュ東館のラウンジ。

欧米のお客様も多くて、まんまヨーロッパのオーベルジュのような雰囲気です。ここは日本オーベルジュ協会に加盟。

 

でも、このアクアイグニスは、そういうヨーロッパ風のホテルやオーベルジュとは全然違う・・

 

宿泊客だけではなくて、日帰り利用がウェルカムのこのリゾート。

レストランにお昼ごはんを食べにくるにも、モダンな温泉の日帰り入浴(日帰りはなんと朝の6:00~24:00までOK!)も、ゴロンゴロンと休憩室にある巨大クッションに埋もれてお昼寝する為にも、パンを買うためだけでも気軽に寄れる。

 

すごく地元お客様のご利用が多くて、愛されているのが来たらすぐにわかります。

 

敷居の決して高くない、なのに上質。

 

アクアイグニスお茶請け.JPG

 

魅惑の夕食前ですが、お部屋に置かれていたお茶請けの伊勢海老パイと伊勢茶サブレをパクリ。こちらも上品な甘さと旨味で即お土産に決定です。

 

お部屋でちょっと休息できたので、着替えて、アクアイグニスの本丸のレストランへ参ります。

ではいよいよ夕食へ(^_-)。

 

アルケッチャーノのイタリアンと賛否両論(傘庵)の和食、2回にわけてレポートします。

 

美味しいですよ〜(予告、笑)

応援クリックをいただけると書く励みになります。


にほんブログ村

本日もお読みいただいてありがとうございました。  mina

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

旅コンシェルジュminaの【講座のご案内】

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 香港のホテル選び ゞ緡競汽ぅ匹塙畊租隋∩ぶならどっち?
    通りすがり (03/21)
  • 或る女のクルーズ食生活
    へき (03/08)
  • 今年の夏はボイジャー・オブ・ザ・シーズでのクルーズ旅行に決定! お値段は・・・・
    こぐやま (06/07)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM