【旅館探訪記】明神館(長野・扉温泉) Nち湯「雪月花」&秘密?のクラブラウンジ

  • 2017.02.12 Sunday
  • 16:55

JUGEMテーマ:旅行

 

こんにちは、minaです。

 

さて今回の旅館探訪記「明神館」さんも第三弾♪

(前回までの記事はこちら↓)

 .蹈咫次エステ

 ▲▲侫織漫璽鵐謄ー&お部屋

 

今日はお風呂と秘密のクラブラウンジですあ

 

温泉旅館好きの方(特に女性?)ならご存じの方も多いかもしれませんが、この「明神館」の顔ともいうべき存在が立ち湯「雪月花」です。

 

過去にCREAの表紙をはじめ、様々な雑誌の特集などでも大いに組まれていますから、写真だけどこかで「あっ、見たことあるな」と思われる方も多いはず。

 

 

外とのガラス(もちろん引き戸でもありません)が最初からない、大きな半露天のお風呂。

 

春夏はしたたるような緑、秋は紅葉、そして冬は・・・

 

 

 

静謐で美しい雪景色!

(どなたもいらっしゃらない時間だったので失礼して一枚パチリ)

 

縦でももう一枚

 

このお風呂、完成したのは2003年。

登場した時は斬新で目を奪ったのを今でも覚えています。

 

入りたーいゆう★ゆう★

 

・・・という感じ(笑)

どこかの雑誌の記事で読みましたが、やはりバリ島のリゾートホテルのインフィニティプールにインスパイアされてのデザインだそう。

最近では旅館やホテルに様々な素敵なお風呂が誕生していますが、ここはその走りの一つかも。

デザイン的には日本だと北海道の登別温泉の「滝乃家」や箱根の「桜庵」(→今は星野リゾートの「界」になっちゃいましたが)と似ているかな。

いずれにしても清々しい眺めで、お食事じゃないけど「眺めもご馳走」と思わせてくれます。

 

そしてちょっと驚くのが、川の流れの音。よく川のせせらぎの音を聞きながら・・・・とかいいますが、イヤイヤそんなもんじゃありません。

 

ゴオオオオオオオオッ・・・・ギャーは大げさですが、ザーッ、ザーッとかなりの川の急流の音色が間近に聞こえてくるのです。

雪降って水少ないはずなのに。そういや以前夏に入った時もそうだったナ(笑)

 

ですが、この轟音(豪音?)が不思議と心地よくなってくるから不思議。ここがまさに「渓谷のリゾート」ということを思い出させてくれます。

立ち湯になっているのは川に近い先端部分のみで、あとは普通の浴場と同じくゆったり座って入れます。

 

そしてもう一つ、この立ち湯には魅力がハート

写真には取れませんでしたが、手前に「ガラス張りのミストサウナ」があるのです。

 

普通のミストサウナって 結構閉鎖的な空間で、温度も熱め・・・ということありませんか?

mina、ミストサウナは好きなんですけど、ここのミストサウナ、ちょっと違います。温度は体も心も少しクールダウンさせてくれる低め(でも寒くはなし)

お風呂で温まった体を爽やかにクールダウンしてくれるのです。

 

気持ちエエ・・・・寝る(ヨダレ、じゃ〜っ、な感じDocomo_kao8

 

しかもガラス越しに、あの素晴らしい風景が眺められるのですから超幸せ。

 

ああ、気持ちエエ(2度目)

 

・・・結局、ワタクシ、この立ち湯&ミストサウナを「5セット」泣き繰り返しました。

 

アフタヌーンティーで食べた分くらいは消費した??(笑)

お夕食前に、なんか腑抜けになりそうです。

 

この立ち湯、残念なのは源泉かけ流しではなく循環ということ。

ですが、それを忘れさせてくれるほどの気持ちよさだと断言できますヨニコ

 

またこのお風呂、清掃時間(通常はお昼前後)以外は24時間入浴できます。人気のお風呂で宿泊客の方が集まる時間も多いですので、ぜひ人少な目の時間にtryしてみてほしいお風呂です。

 

さっ、そろそろ上がろっ♪(約2時間近く経過。笑)

 

次は次は、秘密のクラブラウンジへ向かいまーす。

 

 

明、大浴場.JPG

↑こちらは大浴場「白龍」。露天風呂もついてます!

こちらも清掃時間以外は24時間入浴可能。

立ち湯「雪月花」にはカランはありませんので(シャワーブースはあり)

髪を洗う時はこちらの大浴場が良し。

 

 

さて、クラブラウンジのご紹介ハート

 

明、雪月花のインビテーション.JPG

 

こちらがチェックインの時にお部屋でいただいた「クラブラウンジ雪月花」への招待状。

 

実はこのラウンジ、一見するとホテルのHPにもホテルの見取り図にも、どこにも表記がない!驚くない!!驚く驚く

 

HPには一見何も書かれていませんが、よく探すとひっそりと紹介あり。次のようにか書かれています。

リピーターのお客様専用のクラブラウンジです。直接予約で3回目のご来館から、規定を満たすお客様をご招待させていただきます。詳細はお問い合わせください。

 

目をどんなに凝らしても「クラブラウンジ雪月花」は出てきません(笑)

 

場所は、チェックインの時に、男性スタッフの方から教えていただきました。

 

じゃーん、こちらが入口。

 

明、クラブラウンジ入口2.JPG

 

スポットでライティングされて浮かび上がる CLUB LOUNGE 15:00・・・19:00  の文字。

 

格好いいですネ。

入口にはICカードリーダーがあり、いただいたカードをかざさないと開きません。

 

 

明、クラブラウンジIC.JPG

そして中に入ると、小さな廊下。その奥にドアが一枚。

(なんか秘密クラブみたいだナむっつり

 

 

その昔行った、ニューヨークの「Chelsea Place」というイタリアンダイニングを思い出しました。そうこんな感じの秘密クラブ系レストラン。

教えてもらった住所には、確かにChelsea Placeという店はあり。でもレストランじゃなくって、アンティーク雑貨のお店ナノダ。

そこの左手に立派なチェスト(箪笥)が置かれていて、どうみても立派な箪笥。

でもその扉をあけてよいしょとくぐると、秘密の通路が・・・・(笑)

最初はDJもいる小さなダンススペースで、奥に厨房があり。ゴミ箱も置かれた裏口みたいなその横の小さな戸をくぐると、なんと優雅なイタリアンダイニング!

中庭まであって、そこには2匹のアヒルが歩き回ってました(笑)

確かアヒルの名前は、「フィットチーネ」と「タリアテッレ」だったかな(笑)

ああいうお店、今ではもうありませんよネ。懐かしい・・・・。もう一度行きたかったナ。

すみません、話が逸れました。

 

 

明、クラブラウンジ入口.JPG

 

扉をあけると、

和洋折衷のモダンな空間が登場!

 

クラブラウンジ「雪月花」バラです。

 

にこやかに女性スタッフの方が出迎えてくれました。

 

そこも居心地のよさそうなソファ席。

リビングスペースのほか、板張りのサンルームの席やライブラリーの中のお席まで。

 

どこに座ろうかしらハート

 

明、クラブラウンジ内部1.JPG

 

明、クラブラウンジ内部2.JPG

明、クラブラウンジ内部3ライブラリー.JPG

 

ライブラリーには蔵書も様々。ブリタニカの辞典までありました。

 

 

飲み物は女性スタッフの方がサービスしてくださいます。

 

ラウンジをゆっくりチェックしていると壁際にいいモノ発見!!

 

明、クラブラウンジシャンパン.JPG

 

わ〜、テタンジェのシャンパンだっ

 

TAITTINGER  BRUT RESERVEは、フランスの大統領も御用達。

確か2014年、2015年のノーベル賞の晩餐会でもサーブされてましたヨネ(2016年はどうだったんだろ?)

 

モエもヴーヴ・クリコも良いですけど(クリュッグならさらに良いですが笑)、テタンジェも辛口で好きです。

いやカヴァでもスプマンテでもプロセッコでも、日本酒の微発砲でも、ツマリ「泡のオサケ」が大好き・・・悪魔

 

 

明、クラブラウンジオードブル1.JPG

こちらはビュッフェコーナー。

 

種類は多くありませんが、十分です。

何しろ(15:00〜19:00)のわずかな限定time。お夕食の前ですから(笑)

 

生ハムや鶏肉とお野菜のマリネやオリーヴ、ナッツ、ドライフルーツなどなど。

 

 

明、クラブラウンジオードブル2.JPG

 

とても綺麗にお料理もセッティングされています。

 

 

明、クラブラウンジ美奈子の飲食.JPG

少しおつまみをとって、テタンジェをいただいて・・・・と。

ちょっとだけ!のつもりが、奥に置かれた「野菜のポトフ」が激うまで2度お代わりしました。

やべやべ汗

 

あ〜、幸せデス。

 

minaは基本、「贅沢好き」(本当にすみません平伏)なんでしょう。

 

クラブラウンジ好き、お部屋もスタンダードルームよりはスイートルームならなお好き、航空機もエコノミーよりはビジネスクラス(あわよくばビジネスよりファースト)が良し、ラーメンだって並のラーメンより全部乗せが好きなわがまま女です。

 

Image。特にラーメンはチャーシューも煮卵もなくちゃいやっむっつり

出典: Tak H. 味玉らーめん via photopin

 

 

超反省しつつも、ついゆったり贅沢な空気の中で、優しい女性きに生まれ変わります(エステ、アフタヌーンティーに続いてまたもや聖母minaに)

 

この後、お友達もjoinして、2人でゆったりおしゃべりtime。

 

 

あ〜、mina、明日帰宅して普通の生活に戻れるのかな・・・沈

 

一抹の不安を胸に、さていよいよ本丸「ディナータイム」へ突入です!

 

次回はホテルご自慢のナチュレフレンチの夕食について書きますね〜。

 

応援クリックをいただけると書く励みになります。


にほんブログ村

今日もお読みいただいてありがとうございましたニコ。    mina

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

旅コンシェルジュminaの【講座のご案内】

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 香港のホテル選び ゞ緡競汽ぅ匹塙畊租隋∩ぶならどっち?
    通りすがり (03/21)
  • 或る女のクルーズ食生活
    へき (03/08)
  • 今年の夏はボイジャー・オブ・ザ・シーズでのクルーズ旅行に決定! お値段は・・・・
    こぐやま (06/07)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM