白馬ァ“食のオーベルジュ「ラ・ネージュ東館」のディナーは野生の王国で?

  • 2017.03.13 Monday
  • 21:37

 

JUGEMテーマ:旅行

 

こんにちは、minaです。

 

美食オーベルジュシリーズ(笑)、白馬の「ラ・ネージュ東館」さん。

 

ラ・ネージュ東館 .船Д奪イン&ロビーラウンジ

ラ・ネージュ東館◆ゝ匱

 

に続いて、本日はオーベルジュの神髄・珠玉のディナータイムですあ

 

 

素敵な客室で家族それぞれの好きな時間でまったり過ごし、夜の19:30、夜のとばりがすっかり降りました。

 

今からレストランへ向かいますonpu03

 

夜のラネージュ.JPG

 

夜の雪景色に浮かび上がるホテルの明かり。良い雰囲気です。

 

ホテルのレストランは、minaたちの客室とは反対側。フロントやロビーラウンジをはさんで、ウィングの最奥にあります。

 

途中、先ほどまで寛いでいたロビーラウンジを通ると、そこではワイングラスワインを片手に楽しそうに語らいあっている外国人のグループが。テーブルにはオードブルも置かれています。

 

そうです、実はこのホテルは1泊2食付きのプランだけではなくて、1泊朝食付きもあり。

 

基本はオーベルジュなので、夕食が含まれているプランを選びますが、旅のスタイルで色々チョイスしても良いかなと思います。スキーリフト券付きレディースプランエステのついているプランお一人様用のプランなど、宿泊プランも多彩。

外国人の方は長めの滞在の方も多いと思いますので、毎晩フルコースじゃ大変ですしね(笑)

 

夕食は、バーやラウンジで気軽なアラカルトメニューをオーダーすることもできるようです。ルームサービスのメニューも充実していました。

 

 

ですが、やっぱりこの全国に名をとどろかせる美食のオーベルジュに来たからには、ガッツリ美味しいモノ食べたいエクステンションということで、minaたちは主人の強い希望で宿泊予約サイト「一休」のプランで一番お料理のグレードが高い【オーベルジュグルマンプラン】シェフお薦め「吟撰料理」を愉しむ なるプランに決定Docomo_kao8

 

そんなに、た、食べられるのか????

 

mina、この前泊まった長野・扉温泉さんの明神館より量が多かったら多分グロッキーだヨ。

と、一抹の不安?をかかえながらもワクワクとダイニングに向かいます。

 

 

で、このホテルのメインダイニングでの夜のディナー、実は意外なのですが、ドレスコードがありません汗

 

minaはシンプルな黒ワンピと旅先には超出番ありのお気に入り〜のGUのストールで行きましたが、これでもドレッシーなくらいだったな(笑)。お子様もダイニングには何組もいらして、みなさまカジュアルな服装でした。

冬のスキーリゾートらしい寛いだ雰囲気で、これもgood♪

 

minaのお気に入り、GUのストールはセールで1,000円以下!

温かい色味と使いやすさでこの冬一番のHard useでしたkyu

 

でも、シェフとチーフソムリエの方の経歴は素晴らしい!

シェフはフランスのミシュラン3ツ星のレストランで腕を磨かれた近藤健さん。また、料飲マネージャーとして、洞爺湖サミットで各国の首脳の食事会で、ワインの選定とサービスを担当された吉田浩之さんがチーフソムリエも努められています。

 

輝かしい経歴の方々ですね。これは楽しみ楽しみ♪

 

 

minaたちがダイニングに行く頃には、半分方お客様が既にディナーを楽しまれていました。

 

お席は中ほどの窓際のお席。大きなガラス窓の向こうはかすかにライティングされた雪景色の森です。ロマンティックだわ。

 

 

メニューはこちら。

ラネージュディナーメニュー.JPG

 

これは大人のメニュー♪ 因みに息子にも専用メニューあり。

 

ソムリエの吉田さんがワインリストを持ってテーブルにいらしたその時、窓の外にかわいいお客様が!

 

タヌキー♪

 

ラネージュ夜のタヌキ.JPG

 

チェックインの時に続いて、またまた登場してくれました。

今回は2匹。わ〜、カップルかしらハート。仲良さそうに2頭で雪の上を盛んに歩き回ります。

 

minaも立ち上がって窓際から写真撮りまくってましたが、よく見ると周囲のみなさま窓辺に集まって、写真やビデオを撮られてましたちゅん。外国からのお客様や子供たちも嬉しそう〜っ。

 

 

いいないいな。野生の動物を見ながらの楽しいディナー。

 

そうこうminaがバタバタしている間に、主人、ワインの注文終わってました驚く。今回はお任せしますむっつり

 

 

まずアミューズからstart。

ラネージュのアミューズ.JPG

和牛のタルタル、トースト添え。冷たいトマトのコンソメ、タイム風味です。

 

このアミューズ超美味しい〜っ!!

和牛のタルタルの上に小さなポーチドエッグが乗っていますが、これを崩してトーストの上に載せて食べる。

カリッ、フワっ、ジュワ〜っき

 

アミューズついてなくて横でじゃがいものスープ(これも美味)を飲んでいた息子に半分奪われました涙

 

ですが、さらにインパクト大なのが、この冷たいトマトのコンソメ。

癖のあるタイムがアクセントを添えていて、爽やかだけどコクある一品。美味しいわ、これkyu

もう一杯お替わりしたい。

 

まあ、初っぱなにお替わりは頼めませんので、まず前菜を待ちましょう。

 

赤座海老 ピカタにしてリードヴォーと豚足のアウピックと共に パセリの風味

 

赤座海老いただくの久々です。でも豚足と合わせるという離れ技!

これが食感といい味わいといい、良い取り合わせでした。

 

次に出てきたのが・・・

ラネージュノフォワグラ.JPG

温かい前菜

フォアグラ ふっくらとポワレして仔猪もも肉の赤ワイン煮込みと共に

 

このフォワグラは正統は派のお味。美味しゅうございます〜。

ふくよかだわ〜っ。

 

 

続いては魚料理

ラネージュの魚.JPG

天然真鯛 香ばしく蒸し焼きにして、トマトとケイパーのソースで

 

美味しいフレンチのお店では、このお魚のブレゼやポワレのお料理が、本当に皮はパリッ、魚の身はしっとりと仕上がっていて幸せなお味。トマトとケイパーのソースはオーソドックスですが、コクのある前菜が続いていたので、お口直しも兼ねていて軽やかにいただました。

 

 

お魚までで既にだいぶminaお腹がいっぱいになってきたDocomo_kao8。こちらのお料理のコース、「グルマン」と冠されているだけあって量も多めです(笑)

 

 

で、ふと目をあげるとまた動物の姿が・・・。

 

さっきから何度かタヌキは登場しているのですが、なんかタヌキと色合いが違う・・・。

 

サービスの方に聞きました。 「オコジョですか??」

 

「いえ、テンです」

 

ラネージュのテン2.JPG

 

テン????

 

 

あ、あの超高級毛皮の代名詞、テン????

 

毛皮イメージ.jpg

minaの持つ毛皮のゴージャスなイメージ(写真はこちらも高価オオヤマネコちゃん)

画像: AKleatherware23 Lynx Fur Coat for Women via photopin

 

ナポレオンの戴冠式.JPG

ナポレオンの戴冠式でもジョセフィーヌ皇后が身にまとっていたテンのケープの、あのテン?(しつこいむっつり

 

テン、英語名ではセーブル(sable)。

本当に超高級毛皮のイメージなのですが(特にロシアンセーブル)、野生のテンなんて初めてみたヨ驚く

 

すっごい明るいゴールドの毛並みでとてもキレイ・・・。お顔もとってもかわいいですハート

 

ええなあ〜、だっこしたらあったかそうじゃのう(一頭○○万円?? ヨコシマ)

 

ラネージュのテン1.JPG

 

あ〜、かわいいっ・・・

ラネージュのテン3.JPG

 

minaは動物大好きなので、こういうハプニングがあるとはしゃぎます。

お料理のお味だけでなく、こんな素敵なハプニングでますます幸せな気持ちになりましたあは

 

なんでも、「タヌキ、キツネ、テン」の3トップがご飯時になるとよく登場するそうです。

このラ・ネージュ東館は、野生の王国だったのね(笑)

 

 

さ、ごはんに戻らないと。

いよいよ、メインディッシュでございます。

 

ラネージュのウズラ.JPG

フランス産山うずら肉 オーブンでじっくりとローストして、サルミソースで

 

 

うずらさん・・・、かわいいテン見た後の鳥獣類・・・ふふっ。

 

 

フランス直輸入の山うずらは日本ではあまり馴染みがありませんが、フランスでは高級食材としても有名です。

 

このうずらのお味は・・・・主人に任せました。とても美味しいそうです笑

実はmina、好き嫌いはほとんどありません。ジビエ系も鹿・熊・猪なども大概は大丈夫ですが、実はうずらだけは苦手で・・・。涙、涙でしたが、その横で主人はminaの分も美味しそうに平らげておりました泣く

 

 

まあ、お肉食べなくても、既にminaはお腹いっぱい♪

 

デザート入るかなあ・・・豚

 

ラネージュのデザート1.JPG

イチゴ エクラゼして練乳クリームを添えて

 

超美味〜っ!!!!! 激ウマ!!!

 

あ〜、お替わりくださいとお願いしようと思いましたが、さすがに言えませんでした。

このイチゴ、あと3杯は食べられます。

 

ラネージュのデザート2.JPG

2皿目のデザート

キャラメル風味のバナナのムースとキャラメリゼ ヴァニラアイス添え

 

これもとっても美味しいですニコ

〆のデザートが美味しいと、レストランの印象もさらにアップですね。

 

でもこのレストランの大きな魅力は、素晴らしいお料理を提供されていて、しかも贅沢なのにこの気取らない雰囲気でしょうか。

お客様同士がお話したり、テンやタヌキの写真をみんなで窓辺で撮ったり、和気藹々。

 

お昼はスキーやスノーボードでアクティブに、夜は美味しいお料理とワインを寛いだ雰囲気で。

あとはお部屋に戻って眠るだけ・・・・の幸せな時間ハート

 

まさにこれぞ、オーベルジュですウインク

 

 

ご馳走様でした〜。 さっ、あの素敵なお部屋に戻ります。

レストランの方が、飲み残したワインをお部屋に運んでくださいました。

 

お部屋で主人はさらに飲み〜。

ラネージュの御部屋にオワイン.JPG

 

minaは、寝る前の夜ジャクジー♪

 

ラネージュの夜ジャクジー.JPG

 

 

あ〜、帰りたくないなあぐすん。(旅行来るといつものことですが)

 

 

帰らないわけにはいかないので(笑)、明日は朝食をのんびり取ってから出発、再度、白馬五竜&Hakuba47で軽く滑ってから夕刻に東京へ戻ります。

 

 

それにしてもあのテンは可愛かった♪、そしてイチゴのデザート美味しかった・・・ゆう★

 

バタバタの東京の夜、感慨にふけります。

 

今日もお読みいただいてありがとうございました。 応援クリックをいただけると嬉しいですウインク


にほんブログ村

明日は寒さが戻るようですね。みなさま、風邪などひかれないようにご留意ください。  mina

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 香港のホテル選び ゞ緡競汽ぅ匹塙畊租隋∩ぶならどっち?
    通りすがり (03/21)
  • 或る女のクルーズ食生活
    へき (03/08)
  • 今年の夏はボイジャー・オブ・ザ・シーズでのクルーズ旅行に決定! お値段は・・・・
    こぐやま (06/07)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM