【旅館探訪記】養生館はるのひかり(箱根湯本)ぁ禅い砲覆襦嵳楡舷」の夕食は?

  • 2019.02.04 Monday
  • 21:57

JUGEMテーマ:旅行

 

 

こんにちは、minaです。

さて、箱根湯本のいま大人気の現代湯治の宿「養生館はるのひかり」

「チェックイン」「お部屋」「お風呂&ラウンジ」に続いて、今日は「お夕食」について♪

 

 

柔らかなお湯と和モダンで居心地良しのラウンジ(読書室)ですっかり寛いだ後は・・・

 

いよいよ宿のお楽しみの夕食です\(^O^)/。

 

 

この宿の売りは、きっと大きく2つ。

一つはもちろん湯治なので「温泉」

ですが、それにも増すくらいの魅力が「食」だと思います。

 

 

こちらのお食事はお庭に佇む茅葺きの建物「楽庵」と言われるお食事処でいただきます。

 

灯りが点されたお庭の道を通って・・・

 

2019はるのひかり53.jpg

 

楽庵に到着!

 

DSC_3914.JPG

 

入ったところは広ーい土間になっています。

 

そして右手に・・・・

 

お食事処。

 

DSC_3910.JPG

 

わ〜、素敵です♥♥

 

ライティングされた中庭に面して大きな窓がとられた建物は、和でありながらとってもモダンでシックな雰囲気。

 

椅子もファブリックが張られたダイニングソファで、ゆったりと気持ち良く座れます。

 

夕食は18時から。

 

前回の一人旅滞在の時は、カウンター席でのお食事でしたが、今回の主人同行での食事は、中庭に面したお席に。

やっぱ眺めが良いお席は良いのう〜。

 

2019はるのひかり54.jpg

 

DSC_3911.JPG

 

モダンなダイニングですが、浴衣着用OKです!

(というか、ほとんどの方が浴衣でした)

 

さて、夕食のメニュー♪

 

DSC_3887.JPG

↑こちらは前回のひとり旅の時のメニュー(1月)。

 

生菜:畑のごちそうサラダ 自家製活醤油仕立ての豆乳ソース

椀物:豆乳仕立ての醍醐椀

小鉢:養生館の黒胡麻豆腐

温物:風呂吹き大根

強肴:揚げ出し豆腐

向付:きの子の煮浸し

食事:微発芽玄米ごはん

甘味:豆乳のキャラメルプリン風

 

 

2019はるのひかり37.jpg

↑こちらは今回の夫婦旅の時のメニュー(同じく1月)。

 

生菜:畑のごちそうサラダ 自家製豆乳ソース

椀物:里芋のスープ

小鉢:養生館の胡麻豆腐

温物:風呂吹き大根

強肴:揚げ出し豆腐

向付:たたき牛蒡

食事:微発芽玄米ごはん

甘味:豆乳寒天

 

2019はるのひかり36.jpg

 

養生食の御宿・・・なんていうと、アルコールなんぞ頼めないっ・・と心配(>_<)になりそうですが、

 

うふふ、その心配はありません。

 

ビールもワインも日本酒も色々あります。⇒そもそもお酒禁止の宿を我が家が選ぶわけないのだ(-_-)。

 

特に種類が豊富なのは、自家製の果実酒の数々。ロックやソーダ割がおすすめです。

いちご酒🍓も美味しかったよ〜。

 

 

さて、夕食ですが・・・

 

いただいた両日とも、なんと夕食のカロリーは「500kcal未満」!と、女性にはとっても嬉しいヘルシーさ。

両方とも1月なので、大きなメニューの変化はありませんが・・・

 

 

この養生食の夕ごはんが・・・・・とってもおいしい♥

 

 

物足りないのでは???なんていう心配は杞憂。

 

DSC_3897.JPG

畑のご馳走サラダ

 

紅芯大根、金美人参、レタス、玉葱、赤軸ほうれん草、じゃが芋、はつか大根、イタリアンパセリ、ルッコラ、ブロッコリー、

からし菜・・・などが、時期に応じてとりどりにいっぱい。

 

自家製ドレッシングも美味しいご馳走サラダです。

 

DSC_3898.JPG

きの子の煮浸し

 

お出汁がしみじみ良いお味。

 

DSC_3899.JPG

黒胡麻豆腐揚げ出し豆腐の豆腐2品。

 

特に、この揚げ出し豆腐は絶品です!

 

DSC_3896.JPG

 

DSC_3894.JPG

 

お料理に合わせるのはビールはもちろん、ワインも良し、果実酒も良し。

ご主人様は、さっそく日本酒を飲んでおりました(^^;)。

 

DSC_3890.JPG

こちらは風呂吹き大根

 

DSC_3892.JPG

 

こうして見ても、本当にシンプルなごはんです。

 

2019はるのひかり50.jpg

 

でも、どれもお野菜の滋味や新鮮さが伝わってくるお料理ばかり。

 

2019はるのひかり49.jpg

 

家でもこういうごはん、もっと作ろうかなあ。

 

2019はるのひかり47.jpg

 

今回のお食事で、一番印象的だったのは、この里芋のスープ

これは、多分、家では絶対に作れない!

 

 

里芋のスープやたたき牛蒡、揚げ出し豆腐もそれはそれは良いお味でしたが・・・

 

 

前回も今回も、夕ご飯のNo.1は変わらずこちら↓↓

 

DSC_3893.JPG

 

じゃーん

 

養生館はるのひかり自家製 旨辛味噌✨

 

 

DSC_3907.JPG

 

うまーうまー。

涙が出るほどの逸品です!(断言)

 

小さな赤い壺に入ったこちらの味噌は、十数種類のお野菜と海藻、鰹節子、自家製のお味噌、活醤油などを合わせた発酵食品。

夕食の時に供されます。

 

そのまま食べても、玄米御飯にのっけても、大根の上にチョンとのせても、とにかく何にでも合います。

 

こちらの宿のご主人は、大学在学中に発酵食品のことも研究されたようで、本当にこだわりと情熱と確かな知識がなければ、こんな味のものは作れないような気がします。

 

2019はるのひかり46.jpg

 

前回、この味噌の美味しさに瞠目して、「分けていただけませんか?」と図々しくお願いしましたが、駄目でした。

駄目元で今回もお願いしましたが、残念ながら今回も・・・・(笑)

 

まさに秘伝ですネ。

 

お客様からそういうお声は本当に多いらしく、3か月に1回、このお味噌目当てで通われるお客様がいると教えてくださいました。

 

いいな、お味噌目当てで3か月に1回か・・・素敵💛

 

うちのご主人様は・・・・というと、このお味噌をアテにチビチビと日本酒を堪能しています(* ´艸`)

 

・・・夫婦で壺一瓶が空きそうな勢いです。スミマセン。

 

このお味噌は夕食の時だけ提供されるのですが、翌日優しいスタッフの方が、お気に召されたので・・・と朝食の時にも出してくださいました。

ありがとうございます! 

 

このお宿、スタッフの方もさりげないお心遣いをくださり、感じの良い方ばかりです。

 

DSC_3912.JPG

 

豆乳のデザートで最後までヘルシーで美味。

 

 

養生食と聞くと、なんか病人の病後の回復食・・・みたいな響きがありますが、もっと自然で気負わない感じ。

身体が喜んでいる食事だな~と、感覚的に感じました。

 

負担なく優しくて、しみじみ滋味豊かなごはん。魚もお肉も使われていないけど、お腹にもしっかりたまるとっても美味しいごはん。

 

本当はこんな食生活が続けられれば、健康的で理想なんでしょうねー。

 

 

夕食の時、翌日の朝食のご案内と連泊される方へは(というか基本は連泊のお客様多し)昼食のご希望を聞いてくださいます。

 

DSC_3901.JPG

 

隣りのテーブルで翌日の昼食のご案内する声が聞こえてきましたが・・・・

 

のどぐろの干物🐟の釜飯という言葉が・・・・・

 

 

のどぐろの干物の釜飯・・・・なんと魅惑的な響きでしょう( ノД`)

次回は絶対連泊して釜飯だあ(→釜飯の中身は当然時節によって変わるでしょうが^^)

 

 

次回は養生館はるのひかり、朝食と総括で〆ます^^。

そーしないと、クルーズも昨年の100回目海外も、今年既に予約済みの夏休み海外も書ききれないので。笑

 

養生館はるのひかりのごはんが食べたくなった方、応援クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

本日もお読みいただいてありがとうございました^^♪   mina

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

旅コンシェルジュminaの【講座のご案内】

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 香港のホテル選び ゞ緡競汽ぅ匹塙畊租隋∩ぶならどっち?
    通りすがり (03/21)
  • 或る女のクルーズ食生活
    へき (03/08)
  • 今年の夏はボイジャー・オブ・ザ・シーズでのクルーズ旅行に決定! お値段は・・・・
    こぐやま (06/07)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM